工法紹介 東海カッターの取り扱う工法を紹介

ワイヤーソーイング工法縦横無尽。大断面、水中での切断も可能。

用途USAGE

  • ・鉄筋コンクリート構造物の切断・解体。
  • ・橋梁・床版の切断・解体。
  • ・地下構造物、護岸水中構造物の切断。
  • ・水力・火力・原子力発電所の改修・解体。
  • ・病院・学校等の改修・解体工事。

特長FEATURE

  • ・無振動、低騒音で粉塵も少ない。
  • ・水を使わない乾式工法で行うこともできる。
  • ・機械の種類が多く、どのような現場にでも対応できる。
  • ・機械台数により、工程を調整できる。
  • ・工期短縮が図れ、トータル的にコストダウンできる。
  • ・対象物に制約がなく、縦・横・斜めなどの自由な切断が可能。
  • ・遠隔操作により、水中構造物、狭い場所、高所での切断が可能。
  • ・鋼芯柱も切断できる。

※ワイヤーソーイング工法に関しては数種の特許が成立しております。当社はこれらを使用する許可を得ています。

工法イメージIMAGE

▲ ワイヤーソーイングマシン

▲ ダイヤモンドワイヤー

▲ ワイヤーソーイング切断後

▲ 乾式ワイヤーソーイング工事(水を利用していません)

▲ 切断後吊り上げ風景①

▲ 切断後吊り上げ風景②

▲ 切断ブロック仮止め

▲ 乾式施工時に使用する集じん機

施工実例EXAMPLE

画像をクリックすると拡大画像でご覧いただけます。

マシンデータDATA

諸元/種類 DSX-10A DSM-101A K-WAC-03
動 力 単相115V 50/60Hz (油圧ユニット)
三相200/220V 50/60Hz
ガソリンエンジン
出 力 2,400W 21Mpa 50HP/3,600rpm
機械寸法 920W×540L×1,490H 1,360W×500L×2,070H 1,080W×2,740L×1,100H
重 量 80kg/set 140kg/set 900kg/set
主要用途 小断面の気中切断 一般の気中切断 大切断面・水中切断面
DSX-10A
単相115V 50/60Hz
2,400W
920W×540L×1,490H
80kg/set
小断面の気中切断
DSM-101A
(油圧ユニット)
三相200/220V 50/60Hz
21Mpa
1,360W×500L×2,070H
140kg/set
一般の気中切断
K-WAC-03
ガソリンエンジン
50HP/3,600rpm
1,080W×2,740L×1,100H
900kg/set
大切断面・水中切断面

※東海カッターのウェブサイトをより快適に閲覧していただくために、最新の「Firefox」「Google Chrome」、または「Internet Explorer 10以上」のブラウザを推奨しております。

ページTOPへ戻る