東海カッター興業株式会社|名古屋のコンクリートカッター工事はお任せ下さい!

名古屋・東海・長野・富山のコンクリート切断工事、
汚泥水処分なら、【東海カッター】にお任せください!

お電話番号

HOME > ウォールソーイング工法

切り札登場。より高精度な切断を実現。

▼ 工法紹介▼ 施工事例▼ マシンデータ

ワイヤーソーイング工法

用途 施工事例はこちらをご覧ください
  • 鉄筋コンクリート構造物の切断・解体。
  • 壁面の目地切り工事。
  • 水力・火力・原子力発電所の改修・解体。
  • 病院・ホテル等公害規制の厳しい場所での切断解体。
  • 歴史的構造物の移転保持工事。
  • 賃貸ビル撤去に伴う原状回復工事。

特長
  • 厚さ最大50cmまでのコンクリート切断が可能。
  • 水を使わない乾式工法で30cmまでのコンクリートを切断できます。
  • 建物内部から部材の切断ができるため、架設設備が少なくてすむ。
  • 機械台数により、工程を調整できる。
  • ワイヤーソーイングより比較的安価。
  • 無振動、低騒音であり、斫り工事に比べ周辺への影響が少ない。
  • 切断面の精度が高く、原則補修不要。

工法イメージ

画像をクリックすると拡大画像でご覧いただけます。

TOPへ戻る

施工事例

画像をクリックすると拡大画像でご覧いただけます。

TOPへ戻る

マシンデータ

諸元/種類 CDW-30RE WS-200
動 力 単相120V 60Hz 5KVA 3相200V 400Hz 45KVA
出 力 5HP/3,600rpm (高周波モーター)25HP/8,000rpm
機械寸法 460W×490L×800H 520W×3,200L×1,125+αH
使用冷却水量 q=20L~30L/min 20L~30L/min
切断能力 t=300mm t=500mm
主要用途 厚さ300mmまでの床・壁の切断 厚さ500mmまでの床・壁の切断

TOPへ戻る

お問い合せ・ご相談はお気軽にどうぞ

HOME 取扱業務 工法比較表 用語解説 取り組み 会社概要 採用情報 お問い合せ