東海カッターの公式スタッフブログです

こんにちは工務部機材センターの吉田です。

最近寒すぎて朝布団から出る事に苦労しています、、、

本社の修理エリアも半分外なので着こまないと風邪をひいてしまうのできをつけたいです。

それはさておき、今回は機械のことについてお話します。

最近とある機械の修理をおこなっていました。

それがコチラ小型湿式切断機、通称’’チビカッター’’(弊社での愛称)です。

このチビカッター弊社では2タイプ備えてありまして、セルスターター(キーでエンジンがかかる)がついたものと、リコイルスターター(紐を引っ張りエンジンがかかる)のものがあります。

セルスターター式のもののほうがエンジンをかけるのが楽で、頻繁に使用されていて、ある日久しぶりにリコイルスターター式が現場で使用され、エンジンは確実にかかるものの現場で使用した際にエンジンが止まってしまうといったことがありました。

          

原因はまず冬の寒さだったり、あまり使用せずにいたため中に入っていたガソリンの状態が悪くなったりなどが考えられました。

機械はずっと使用し続けて負荷をかけるのも良くないことですが、その反面ずっと使用せずにいることも良くないと言うことが今回勉強になり、使用頻度が少ないものもこまめに調子を見ることが大事だということが改めて分りました。

機械は本当に繊細なので機械の気持ちになって、生き物を育てるように大切に管理していきたいです。

このことがあり、家で寝ているときにチビカッターが夢に出てきました(笑)

チビカッターがなんと喋っていました。(何を言っていたかは忘れてしまいましたが、、、)

弊社ではほかにもいろいろな機械を備えていますので、これからも紹介していけたらなと思います。寒いけど頑張ります!

工務部 機材センター 吉田

 

ページTOPへ戻る